ディズニーランド好きなパパが、アフィリエイトでパスポート代を稼ぐブログ

家族でディズニーランドへ行くのが一番のリフレッシュ。ディズニー情報、アフィリエイト情報を紹介しています。

*

ブログアフィリエイトで成果を上げるためには1記事に何文字以上必要なのか?

   

ブログ記事もたくさん書いてきたけど、検索エンジンからどれくらいの評価をされているんだろう?

そう思って、タイトルや文章で使ったキーワードを入力してみると‥

思った以上に自分のブログが検索表示されていないんです。

これじゃあ成果なんて上がるわけないよ!と考えた末、出た結論。

『1記事あたりの文字数が少ない』

そう考え、できるだけ文字数を意識しながら書き始めたのですが‥

今回は、アフィリエイト記事の文字数についてのお話しです。

 

文字は多いほどいい

アフィリエイトブログで稼ぐためには、検索で上位表示している方が有利ですよね。

やはりアクセスが無いのに成果を期待することはできません。

そのためSEO(検索エンジン最適化)対策が必要と言われていますが、記事の文字数というのはその中でも重要なポイントとして上げられています。

たしかに検索エンジン対策としては、できるだけ多くの文字を使うことが有利になることは間違いないでしょう。

しかしアフィリエイトを考えた時、この検索結果が成果と比例するのでしょうか?

ブログアフィリエイト系の情報では、

「文字数はとにかく多くすべき。」

「〇文字以上の記事は必ず書くようにしましょう。」
といったものがあります。

私もブログを始めたばかりのころ、当然この情報を元に記事作成をおこなっていました。

とにかく文字数文字数…

2000文字書いた!3000文字書いた!検索にも上位表示されてきたから必ず成果も上がるぞ!

…結果は読めますよね。いつまでたっても成果はゼロのまま…

アクセスもあるのに、なんで?と思いました。

「これだけ頑張って文字数増やして書いたのに」と思っていると意外なことが‥

シンプル(簡単に書いた)に記事から、成果がチラホラと出始めたんです。

 

誰を意識して書いたのか?

これは一体なぜ?と考えた末、出た結論は、

『文字数ばかりを気にした”かさ増し”記事ばかり書いていた』ということ。

物販アフィリエイトなのか、アドセンスなどを扱うトレンドアフィリエイトなのかにも違いはあると思います。

でも、要点しか書いていない記事のほうが稼げたんです。

つまり私の記事は『読者さんを意識して書いたものではなかった』ということです。

読者さんへ有益な情報を提供することや、読みやすさなどを忘れたブログなど誰も読んでくれないと身に染みた経験でした。

ここで気づいたポイントは3つあります

1、有効な情報提供

「この記事は私が求めていた情報で、とても役立つ」と思ってもらえた記事は読者さんとの信頼や信用を生みます。
この関係無くしてアフィリエイトという”商売”は成り立たないということ。

2、オリジナルの文章

時には引用も必要ですが、頻繁に使っていると、記事にまったく興味を持ってもらえなくなります。
もちろんコピペなんてもってのほか!
読者さんに伝えたいという気持ちで書くことが大事ですね。

3、ページの滞在率・回遊率

急にSEOっぽくなりましたが‥。
多くの時間を自分のサイトで過ごしてもらうことが成果につながります。
そのため、記事は読みやすいように要点をまとめ、他のページも読んでもらえるつながりをもたせることが必要になります。

先にも書きましたが、検索エンジン対策としては、できるだけ多くの文字を使うことが有利になることは間違いないでしょう。

ただ私の書き方が悪かっただけ。

もっとも、書きたいことがしっかりまとまっていたなら、意識せずとも文字は増えるのでしょうけど‥

 

まとめて

この経験で学んだのは、1記事に何文字書いたらいいのかといった数字に惑わされ、ただ文字数を多くするだけの記事はアフィリエイト成果には結びつかないということです。

情報提供や、読みやすさを忘れたブログから成果は生まれません。

まずは文字数なんて気にせず、思ったことをそのまま書いてみてくださいね。

想像以上の長文になって、ビックリするかもしれませんよ‥

 

下克上

 - ブログアフィリエイト, 記事の書き方 アクセスアップ, 情報, 文字数